MENU

子どもも低身長でコンプレックスを感じることもある

“子供の身長が標準よりも低いけど、そのうち標準になるだろう”と気楽に考えている親御さんも多いようです。確かに成長の速度は個人によって大きく異なります。成長が遅い子もいれば早い子もいます。でも当の本人の子供からすれば、実はコンプレックスになっていることもあるのです。

 

ナポレオンと身長の悩み

歴史上の有名人ナポレオンを知らない人はいないことでしょう。偉業を成し遂げたナポレオンのコンプレックスは何であったかをご存じですか?実は背が低いことをとても気にしていたといわれています。逸話の中にはシークレットブーツを履いていた!というものもあります。

 

そんなナポレオンですが、身長は167pあったといわれており、この身長は当時のフランス人の平均身長を超えているのです。それでも劣等感を抱くようになったのは、周りに体の大きな軍人が多く、人を見上げることが多かったからであるといわれています。

 

このように子供のころに低身長であれば、大人になって標準になったとしてもコンプレックスを抱いてしまうようになるのです。子供の低身長は大人が真剣に考えなければならないことともいえるでしょう。

 

低身長だと威圧感を感じやすい

ただ身長が低いだけと思いがちですが、身長が低いことは人間関係にも影響を及ぼしてしまいます。周りとの身長が違うことで、会話をするときに目を見て話すことが出来ないのです。そのために人間関係をうまく築けないこともあります。またいつも見下ろされている状態なので、威圧感を感じてしまいやすいのです。友達とうまくなじめなかったりと学校生活にも支障をきたすこともあります。

 

劣等感から孤独感になる

全く上からの注がれる視線自体に悪意がなくても、見下される方からすれば威圧感や劣等感を感じてしまうことがありましう。さらに会うたびに劣等感が起こり、身長差についてどんどん認識が高くなってしまうこともあります。結果ストレスがたまり、友人と気兼ねなく話すこともできなくなってしまうのです。心理的に低身長であることで孤独感を感じることすらあるのです。

 

自信が持てない

身長が低いとよく起きてしまうことの中に自分に自信が持てなくなることがあります。身長が低いことで劣等感を強く感じ、自信が失われていくのです。この劣等感を何かに精力的に取り組むというパワーに変えれるほどの精神力を持っている子供は多くはありません。自信がない=ネガティブになり、それを一生引きずってしまうこともあります。

 

身長のことばかり考える

身長について悩みがあまりに大きくなってしまうと、いつも身長のことばかり考えてしまうようになります。子供であれば身体測定や体力測定など身長が関係するイベントがあるたびに、ストレスを抱えてしまいもっと身長について考えるようになるケースもあります。

 

いじめの対象になりやすい

子供の場合は体格のことなどちょっとしたことがきっかけでいじめに発展してしまうことがあります。何気ない言葉でも傷ついてしまえば、いじめと感じてしまうことでしょう。また体格差があればいじめの対象にもなりやすく、小さいことがかえって目立ってしまうことにもなるのです。

 

子供の低身長とコンプレックスのまとめ

子供は大人に比べるとデリケートであり、小さなことでも傷ついてしまうことが多いのです。大人から見れば少し回りと比べて小さいくらいは大丈夫と思ってしまうかもしれませんが、若ければ周りと一緒でありたい!と願う傾向が強く、周りと違う自分が嫌になってしまう子供もいます。

 

大人から見て問題のない程度でも、子供にとっては大問題であることもあるのです。低身長な子供を抱える親御さんは特に注意を払ってあげたいですね。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha