MENU

身長がこれから先伸びるかどうかは骨端線を見れば一目瞭然

子供の中には自分の身長が低いことを気にしている子供います。また保護者の中には子供が身長が高く育ってほしい!という願いを抱いている方もたくさんいます。そこで身長を高くするために知っておきたいことの一つとして、骨端線という存在があります。どのようなものなのかを調べていきましょう。

 

骨端線とは?

骨端線という文字の通り、骨の端に位置している軟骨が骨に変化していく境目の線の部分を骨端線といいます。軟骨と骨の境目ともいえるかもしれません。この骨端線がある=骨が縦の方向へ成長を続けているということになります。大人になるにつれてこの骨端線はなくなっていきます。結果骨の成長がストップするために、成長が終わるのです。つまりまだ身長が伸びることができるのかどうか?ということの判断材料になるのです。

 

骨端線と成長期

成長期は一般的に思春期が来るまでとされています。しかし医学的にはこの骨端線の有無によって、成長期であるか?成長期が終わっているのか?ということを判断します。骨端線は一般的に男性であれば17歳から18歳くらいまでは、残っています。 女性であれば15から16歳まで残っています。つまりこの時期くらいまでが成長期であるといえるのです。

 

しかし、個人差があり骨端線が遅くまで残っている人もいるのです。ケースによっては男性で25歳まで程度、女性で22歳まで程度まで骨端線が残っているという人もいます。遅くまで身長が伸びているという方は、まだ骨端線が残っているということなのです。そのために個人によって伸びる時期に差が出てくるのです。

 

骨端線の確認方法はあるの?

ある程度の年齢になって自分の身長に伸びしろがあるかどうかを確認したい場合には、どうしたらいいのでしょうか?骨端線は簡単な方法で確認することが出来ます。病院で手・足などのレントゲンを撮ってもらうならば、骨端線があるかどうかを確認することが出来ます。撮影を行う部位によっては骨端線がわかりにくく出てしまうこともありますので、確認をするためには、骨端線を確認するためにレントゲンを撮りたいことを伝える必要があります。

 

骨端線が無いのであれば残念ながら医学的に身長を伸ばすことはでいません。でもO脚・X脚の矯正や猫背をまっすぐにするなどの方法があります。骨端線がないからといってすぐにあきらめるのではなく、できることを行っていきたいものです。

 

骨端線と身長のまとめ

骨端線はまだ成長を続けられかどうか?ということの基準となることです。自分の成長の伸びしろについて知ることもできますし、これから身長を伸ばすためにはどのような方法があるのか?ということを知る助けにもなります。身長が低いことで悩んでいるのであれば、骨端線の有無について、まずは調べてみてください。それから対応策を検討していくことが出来ます。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha