MENU

適正な体重コントロールが身長を伸ばす秘訣だった!

一般的に子供が太っていると身長が伸びない!といわれていますね。でもなぜ太ると背が伸びにくくなってしまうのでしょうか?理由について考えてみましょう。

 

成長ホルモンの分泌が低下する

成長に大きく関係のあるものの一つに、成長ホルモンがあります。成長ホルモンは体や骨の成長をサポートしてくれる大事なホルモンです。成長には欠かせない存在なのです。そんな成長ホルモンんですが、実は太っていると成長ホルモンの分泌が低下するといわれています。成長ホルモンが出ない分、身長の伸びがゆるやかになってしまうというわけなのです。

 

思春期が早く来る

成長期は思春期が来るまでの時期といわれています。つまり身長が伸びやすい時期というのは思春期までなのです。しかし太っていると思春期が早く来る傾向にあります。太っていると皮下脂肪が多くなります、皮下脂肪は酵素を発生し、その酵素が骨の成熟を促してしまうホルモンを出すのです。そのためにまだ成長の途中でも早熟してしまう、成長がストップしてしまうのです。

 

体重コントロールが大事

つまり子供に身長が高くなってほしいと思っているのであれば、太らせないための体重コントロールが必須なのです。でも子供にダイエットをさせるのはかわいそう、無理をさせたくない!という方も多いと思います。でも安心してください。実は子供の場合は大人の2から3倍痩せやすいとされているのです。

 

新陳代謝がとても良いために、少しの努力で大きな結果を生むことが出来るのです。たとえばお菓子やジュースをやめる、少しずつ軽い運動をするなどだけでも、子供の場合は結果を得られやすいのです。大人が行う厳しいダイエットを行う必要はあまりないので、体重コントロールがしやすいといえます。

 

成長期の無理なダイエットはNG!

太ってしまうと身長が伸びないのは事実なのですが、だからと言って子供に無理なダイエットをさせるのはよくありません。体の負担という面だけではなく、将来的に問題を抱えてしまうケースもあるのです。特に女の子の場合には、標準体型でも太っていると思い込んでしまうこともあるのです。結果不必要なダイエットを行い栄養不良になってしまうこともあり得るのです。

 

太っている場合も身長は伸びないのですが、成長期の無理なダイエットを行っても身長は伸びにくくなってしまいます。ダイエットのし過ぎで骨の量に影響を及ぼしてしまい、生涯骨の弱さに問題を抱えてしまうかもしれません。太っているから身長が伸びない!だけではなく、全体的なバランスを考えながら体重をコントロールしていきましょう。

 

太っていると身長は伸びない!まとめ

確かに太っていることで成長が妨げられてしまうことがあります。そのために正常に成長を続けるために、きちんと体重をコントロールしていくことはとても大事なことです。でもだからと言って体重だけに気をとられていては、健康を害してしまうこともあります。子供の場合は保護者の方が十分に注意をして適正な体重をキープするように生活を送りましょう。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha