MENU

ホルモンの分泌=成長につながる、すなわちホルモンの知識は大切!

体の機能に大きく関係することの中に、ホルモンがあります。ホルモンは体の機能を円滑に進めるために、また体の成長を促すためにとても重要な働きをしています。成長にとって欠かせない存在といえるのです。そこでここではそんなホルモンが成長とどのように関係しているのか?ということについて検討していきましょう。

 

ホルモンとは?

ホルモンとは体の中でも特別に決められた器官で作られ、また分泌される生理活性物質のことです。ホルモンは血液で体の中全体を行き巡ります。そのために体のあらゆるところでホルモンが働きかけることが出来るのです。ホルモンは主に体の器官の働きを調節してくれたり、体の器官同士の情報伝達のために用いられます。

 

成長を促すホルモンとは?

体の中にはたくさんのホルモンがあります。その中でも特に成長に関係のあるホルモンは主に3つあります。@成長ホルモン、A甲状腺ホルモン、B性ホルモンです。それぞれを詳しく調べていきましょう。

 

成長ホルモン

成長ホルモンは今、大注目のホルモンの一つです。成長ホルモンは脳の底部にある脳下垂体というところから分泌されるホルモンのことです。どのような働きをするのでしょうか?主に3つの働きがあります。

  • 1つ目に大腿、腕の骨に働きかけることで、骨を長くして成長につなげます。
  • 2つ目にタンパク質を作り出すので筋肉を大きくします。
  • 3つ目に脂肪を分解することでエネルギーが生成されます。

成長ホルモンが出される時期は、13から17歳といわれており、これ以降は成長ホルモンの分泌がとても少なくなってしまいます。体の成長が急激な13から17歳までに多くの人が成長を経験します。

 

甲状腺ホルモン

ダイエット効果も期待されているホルモンが甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンはのどぼとけにある甲状腺というところから分泌されるホルモンのことです。体全身の新陳代謝を促進してくれます。骨の新陳代謝も活発になるために、成長につながります。また体にタンパク質を生成するために、成長を促してくれます

 

性ホルモン

性ホルモンは成長を止めてしまうホルモンです。大人になると成長が止まるのは、この性ホルモンの働きによるものです。性ホルモンは男性であれば精巣から、女性であれば卵巣から分泌されます。このホルモンの働きは、体を成熟させるといものです。このホルモンが早く出過ぎてしまうと、骨までも早く成熟してしまうことになるために成長が早く止まってしまいます。

 

体の成長とホルモンの関係とは?

体の成長には3つのホルモンのバランスが絶妙に関係していることがわかります。成長を促すためには、成長ホルモンと甲状腺ホルモンが多く分泌されるようにし、逆に性ホルモンの分泌を遅らせることがカギであることがわかります。成長期間が長いほど、身長が伸びるために、結果的に身長が高くなるというわけです。

 

生まれつきホルモンの分泌などがある程度決められているものの、食事や生活習慣である程度ホルモンのバランスを整えることが出来ます。成長のために上手にホルモンのバランスを調整していきたいものです。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha