MENU

成長期が長い=身長が伸びる期間が長くなり結果、高身長につながる

なかなかが身長がいつまでのびるのか?ということを意識することはないと思います。でも実は身長がいつまで伸びるのか?ということと、身長の伸びには大きな関係があるといえます。つまり身長がいつまで伸びるのか?ということを知ることは、身長を伸ばすことにつなげることが出来るのです。

 

一般的に成長期はいつ?

一般的に言われている成長期とはいつ頃でしょうか?成長期は思春期を迎えた後の3から4年間であるといわれています。女の子であれば小学校高学年から中学生までです。男の子であれば中学生から高校生ごろの時期といえます。

 

このころになると急に身長が伸びた!ということもあるのでないでしょうか?これがいわゆる成長期であり、この時期には身長が急激に伸びるのです。平均的に成長期には、3から4年の間で男の子は20から32センチの成長、女の子は12から25センチの成長を遂げるといわれています。

 

医学的な成長期はいつ?

一般的に言われている成長期とは上記に述べた期間なのですが、実は医学的に言えば成長期はもう少し長くなります。基準となるのが骨にある骨端線というものが、まだある時期までが成長期とされています。この骨端線が基準となってきます。

 

骨端線は男性であれば17歳から18歳くらいまで残っており、女性であれば15から16歳ぐらいまで残っています。ただこれにも大きく個人差があって思春期を遅く迎えた人であれば男性は25歳くらいまで、女性は22歳ごろまで骨端線があるという人もいます。つまりそのころまでは成長を続けることが出来るのです。

 

身長を伸ばすためには?

できるだけ身長を伸ばしたい!という方が覚えておきたいことは、身長は成長期が長ければ長いほど身長が伸びるということなのです。成長期の長さ=身長が伸びる期間ともいえるでしょう。では成長期を伸ばすためにはどのようにしたらいいのでしょうか?成長期には思春期が深く関係しています。思春期が遅く来れば来るほど成長期が続くというわけなのです。

 

実は日本人は世界的にも早熟であるとされています。そのために多くの子供たちは思春期が早く訪れているのです。その理由としては少ない睡眠時間、ストレスなどが考えられています。いずれにしても日本人の子供たちが早熟する速度が速いために、成長期が早く終わってしまい身長が伸びない!という結果になっていることも多いのです。結果、欧米人よりも大人になると身長が低くなっているのです。

 

身長はいつまで伸びるのか?は成長に大きく関係する

身長を伸ばすためには身長がいつまで伸びるのか?ということが大きく関係していることがわかります。上手に成長期をできるだけ長く保つことが出来るのであれば、その分身長も伸びる可能性があるのです。まずは成長期を続かせるために思春期を遅らせることから始めてみることが出来るでしょう。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha