MENU

適切な治療でSGA性低身長症は効果を期待できる

“SGA性低身長症”という言葉について聞いたことがある!という方は、あまりいないとおもいます。そんなSGA性低身長症は身長が低いと悩んでいる方や、子供の成長が遅いなどの低身長の原因であるケースもあるのです。SGA性低身長症について知って、どのような対策ができるのか?について検討していきましょう。

 

SGA性低身長症って何?

SGAは“Small‐for‐Gestational Age”の略です。SGA性低身長症の原因とされるのは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる在胎週数と呼ばれる期間に対して、生まれてくる際に標準身長・体重よりも小さく生まれてしまうことのことです。身長だけではなく体重も含まれており、身長や体重が生まれてくる赤ちゃんの中で小さい方から100人中10人以内に入っているとSGA性低身長症であるといえるのです。

 

しかしこの10人のうち、9人は2から3歳までに標準の身長や体重になってきます。ただ残りの一人は身長や体重が標準には追い付かずに、そのまま小さいまま成長してしまいます。これをSGA性低身長症といいます。

 

SGA性低身長症の見分け方は?

自分の子供がSGA性低身長症であるかどうかは、どうしたらわかるのでしょうか?まずは現状が一般的な身長や体重と比べるとどのくらい離れているのか?ということから知るようにしましょう。また1年間の成長でどのくらい成長したか?ということも記録に着けてみてください。これらの記録でSGA性低身長症であるかどうかを判断することが出来ます。

 

SGA性低身長症がもたらす影響

SGA性低身長症だけに限らないのですが、低身長であるということにコンプレックスを抱くようになる人も多いのです。特に SGA性低身長症は子供のころから大人になっても、身長が低く自分に自信がもてなくなってしまう、ひきこもってしまう、学校でいじめの対象になりやすいなど、社会生活において問題を引き起こすことがあります。

 

そのためにSGA性低身長症はしっかりと早めに判断を下して、早めに治療を受けることで少しでも標準に近づくことができるのです。では子供がSGA性低身長症ではないか?と思ったときには、どの病院に行けばいいのでしょうか?

 

SGA性低身長症を治療できるところとは?

子供がSGA性低身長症かもしれないと思ったなら、できるだけ小児科、または内分泌科を訪れるようにしてください。たいていの場合には専門医を受診が必要となります。

 

SGA性低身長症は治療をすることが出来る低身長症です。早ければ3歳ころから成長ホルモンを使った治療を進めることが出来ます。多くの場合、成長ホルモン治療は最初の1年間で大きな効果を発揮します。成長ホルモン治療を行うことで身長が伸び始め、標準に近くなることもできます。もちろん個人差があるものの、効果が期待できる治療法といえます。

 

SGA性低身長症のまとめ

SGA性低身長症は生まれてくるときから体が小さく、小さいままの状態が3歳ころまで続く状態を指します。成長ホルモン治療によって改善が見込める低身長症であるために、できるだけ早く発見してあげることがポイントとなります。

 

成長ホルモン治療中には、身長の記録を忘れない、規則正しい生活をする、成長ホルモンの量の確認、他の異常の確認など気を付けるべき点がたくさんあります。定期的に受診し、ドクターと相談しつつ治療を進めていくことになります。うまく治療が進むと標準に近くなることも十分に可能なので、しっかりと治療を進めていきたいものです。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha