MENU

低身長症のさまざまな原因を調査

低身長であることを気にする方はたくさんいますね。特に親や親族の身長が低い人が多いのであればさらに心配をする人も多いのです。低身長であることを低身長症と呼ぶことがありますが、一体低身長症とはどのような症状のことなのでしょうか?調べてみることにしましょう。

 

低身長症って何?

“低身長症”という言葉はよく耳にするかもしれません。低身長症とはその名前の通り、身長が普通よりも小さいことです。原因はいろいろと考えられていますが、30%が病的な原因、それ以外の70%は原因不明とされています。

 

そのために誰でも起こってしまう症状の一つであるといえます。原因を特定することができない低身長症のことを特発性低身長症と呼んでいますが、このケースには家族性低身長症も含まれています。つまり低身長症の原因の一つに遺伝が考えられているということです。そのために低身長症と一言で言っても、様々なタイプがあるのです。

 

低身長症の要因と予防

遺伝で低身長症になることもあると上記で述べましたが、実は遺伝以外の要因も大きな影響を及ぼしているのも事実なのです。今のところ親の骨格がどの程度遺伝するのか?という正確な数値はまだありません。また親が身長が低くても身長の高い子供も生まれることもあります。またその逆に身長の高い親から身長の低い子供も生まれています。さらに日本人の平均身長は一昔前に比べると大きくなってします。

 

これらのことから低身長症の原因を見つけるのはとても難しいといえます。ただ身長の伸びということには遺伝という要素だけでなく、栄養状態、生活環境などの外的な要因も大きく関係していることがわかるのです。

 

低身長症が病的な理由でない限りは、栄養・睡眠・運動・愛情などの外的要素をコントロールすることで低身長症になることを予防することが出来ます。子供のころからきちんとした生活習慣を送ることに気を付けているのであれば、ある程度は低身長症を防ぐことが出来るというわけなのです。

 

低身長症になりやすい子供とは?
栄養のバランスが悪い

成長の上で欠かせないのが栄養です。でも子供の時に小食であれば、その後にも小食である可能性が高く、慢性的な栄養不足になってしまうこともあるのです。そのために身長を伸ばすために必要な栄養素が不足してしまい、低身長を起こしやすくなるのです。

 

睡眠が足りていない

睡眠も子供の成長には欠かせないことの一つです。眠っている間に成長ホルモンが分泌されて、骨や筋肉を育てるのです。十分な睡眠時間がない、浅い眠りなど睡眠の質がわる悪いのあれば成長ホルモンは分泌されにくくなってしまいます。そのために低身長になることもあるのです。

 

運動が足りない

適度な運動は食欲や睡眠欲を刺激してくれます。また運動をすることでも成長ホルモンが分泌されために、運動が足りない子供は低身長になりやすいのです。

 

ストレスが多い

虐待、いじめなど人間関係で悩んでいる子供は強いストレスを感じています。このように愛情が不足してしまうと起こってしまうのが愛情遮断性低身長です。精神的に安定していないために、食欲、睡眠欲が足りなくなってしまい、成長ホルモンの分泌量が減るのです。

 

低身長症のまとめ

低身長症は遺伝だけで起こるものではありません。遺伝以外の要素も大いに関係していることが確認されています。そのために子供が低身長症に陥らないようにするためには、成長が妨げられる要因を排除することがとても大事なのです。

 

低身長症は病的な理由でない限りは、ある程度は防ぐことが出来る症状です。正しい知識を身に着けて低身長症に適切に対処するようにしていきましょう。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha