MENU

成長に関係のある栄養素を食事で積極的に取り入れる

体を作るのは食べるものです。そのために食べ物次第で身長を伸ばすことも可能なのです。そこでここでは食事と成長について考えていきましょう。身長を伸ばしたい方は食べるものを変えることで、成長につながるかも知れませんね。

 

身長を伸ばす栄養素

どのような栄養素が身長を伸ばしてくれるのでしょうか?一番大事な栄養素となるのがたんぱく質です。それ以外にもカルシウム・亜鉛・マグネシウムといった栄養素をバランスよく摂取することで身長を伸ばすことが出来ます。

 

たんぱく質

たんぱく質は骨・筋肉などを生成してくれます。骨や筋肉は直接身長を伸ばすことに関係しているために積極的に摂取したいものです。また身長を伸ばすためには欠かせない成長ホルモンの分泌を促してもくれます。

 

たんぱく質はどのような食べ物に含まれているのでしょうか?動物性たんぱく質は肉類、魚介類、卵類などです。植物性たんぱく質は大豆製品、乳製品です。動物性たんぱく質ももちろん必要なのですが、植物性たんぱく質は質の良いたんぱく質で、脂肪などがあまり含まれていないために肥満などを気にする必要があまりありません。

 

一日のたんぱく質の必要量として目安になる量が、子供の場合は体重(kg)×2グラムです。たとえば30キロの子供であれば一日に必要となるたんぱく質の量は60gとなります。ただし注意したいのが例えば100gの肉を食べたとしても、たんぱく質が100gとれたというわけではないことです。100グラムに対して摂取できるたんぱく質の量は、牛肉が約20g、たまごが約12g、牛乳が約30g、チーズが約23g、豆腐が約5〜7gとなっています。

 

亜鉛

ミネラルの一つで骨の成長に関係している栄養素です。体を作るために欠かせない栄養素で、髪の毛の生成にも必要不可欠なものとなっています。

 

亜鉛がたくさん含まれている食べ物には、牡蠣、豚もも肉、うなぎ、納豆、和牛もも肉、木綿とうふ、豚レバー、パスタ類があります。

 

一日に必要とされる亜鉛の量は子供の場合は15mgです。牡蠣は5から6個に約8mg、パスタ類は100gに約1.5mg、和牛ももは100gに4.2mg、木綿豆腐は1/2丁に0.9mgほどが含まれています。 亜鉛は思っているよりも摂取が大変な栄養素ですので、気を付けておく必要があります。

 

カルシウム

カルシウムは身長を伸ばすためにはマストな存在です。丈夫な骨・歯を作ってくれます。カルシウムの摂取のポイントは、より吸収率を上げるためにカルシウムだけで摂取するのではなく、ビタミンDやマグネシウムなどと一緒に食べることでより吸収をよくすることが出来ます。

 

カルシウムは乳製品、海産物、野菜、大豆製品、ゴマなどに豊富に含まれています

 

一日のカルシウムの必要量は1から10歳、19歳以上の場合は600mg、11から18歳までは1000mgが必要となってきます。牛乳200gには200mg、チーズ126gには20mg、しじみ96gには 30mg、小松菜145gには50mgのカルシウムが含まれています。カルシウムに関しても摂取が難しい栄養素となっていますので、意識的にカルシウムを摂取していきたいものです。またカルシウムと一緒に食べたい食べ物は、ビタミンDを多く含む魚介類、きのこ、卵などです。

 

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムとともに働き、骨を丈夫にしてくれます。骨の健康に関係のあるミネラルです。

 

マグネシウムは魚肉類、ほうれん草、バナナなどに含まれています。

 

カルシウムを摂取する際にはこれらの食べ物と一緒に摂取するのであれば、カルシウムとともに働き、効果が大きくなることでしょう。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha