MENU

運動は体・骨を丈夫にしてくれるビタミンDを作る紫外線の当たる野外で行おう!

体には適度な運動が欠かせません。実は身長を伸ばすためにも運動は欠かせないのです。積極的に運動をすることで、成長を促すことが出来ます。そこでここでは身長を伸ばすための運動について検討していきたいと思います。

 

運動とホルモンの関係

身長を伸ばすのに欠かせないホルモンといえば、成長ホルモンですね。そんな成長ホルモンを多く分泌してくれるときは、2つあります。@熟睡している時、A運動中と運動後です。熟睡については別の項目で取り上げていきます。ここでは運動について考えてみましょう。

 

運動していつごろ成長ホルモンが分泌されるの?

成長ホルモンが分泌されるのは、運動を開始してから15分後から運動をした後の3時間程度といわれてます。つまり運動は最低でも15分以上行わなければならないのです。また適度な運動をすればするだけ、成長ホルモンが分泌する時間が増えていきます。つまりそれだけ身長の伸びにつながるというわけです。

 

運動と伸長の都市伝説

よく聞くことに“運動をすると身長が伸びない”ということがあるのではないでしょうか?運動のし過ぎは筋肉を一部的に痛めてしまい身長を伸ばさなくするというものなのです。でもこれは本当なのでしょうか?

 

結論から言うと身長を伸ばすためには運動は欠かせません。積極的に運動しましょう。しかし運動を行うにしても身長を伸ばすために効果的な運動と、そうでない運動があります。

 

効果的な運動とは?

身長を伸ばすための運動は、体を縦方向に動かすものです。例えばジャンプをする運動であれば、圧力が縦方向にかかりますよね?ジャンプをよく使う運動といえばジョギング、なわとび、ダンス、バスケットボール、バレーボールなどです。ジャンプなど縦方向に圧力をかけると、骨を縦に刺激することが出来ます。これにより骨が縦方向に成長するようになります。

 

避けたい運動

この運動をすると身長の成長が妨げられてしまうために、避けたいものです。ダンベルを使用した運動、ゴム・重りなどで付加をかける運動、体の一部だけを鍛える運動などです。これらの運動は無理をしてギリギリまで筋肉を鍛えてしまい、筋肉を傷めてしまうのです。これでは身長を伸ばすどころか、成長を阻めてしまいます。

 

筋トレはしてもいいの?

筋トレをすると身長が伸びない!ということも聞いたことがあると思います。しかし実は筋トレは成長ホルモンの分泌を促進するためには欠かせないのです。ただむやみに筋トレを行えばいいというわけではありません。むやみに筋トレをすると体を痛めてしまいます。結果身長が伸びないのです。特に身長を伸ばしてくれる骨の端の軟骨部分を痛めないように注意しなければなりません。

 

また体の一部を鍛えるのではなく、全身を鍛えるようにします。体への負担が少なくするためにバランス良く鍛えることが大事です。また筋トレ後には回復時間を設けることが必要です。回復時間は24時間から5日ほどかかります。筋肉が後退してしまうように感じるかもしれませんが、実は回復時間は筋肉を効果的に育てます。

 

紫外線と身長

身長を伸ばすための運動を行うのであれば、できるだけ外で行うようにしてください。その理由は紫外線にあります。紫外線はビタミンDを作り出します。ビタミンDはカルシウムを体に吸着させやすくしてくれるのです。そのために丈夫な体・骨を作りあげてくれるのです。

 

ビタミンDが不足してしまうと、体も骨も弱くなってしまいます。そのために、身長が伸びる助けにはなりません。できるだけ運動を外で行うことで、紫外線を体に取り込むことが出来ます。身長を伸ばすための運動を野外で行うことで、身長への効果が倍増することでしょう。

 

運動と身長のまとめ

身長を伸ばすためには運動は絶対に欠かせません。しかし自己流で行ってしまうと、身長が伸びるのを阻止してしまう結果になることもあります。正しい知識と正しいトレーニング方法で運動を行ってこそ、身長を伸ばすことにつなげることができます。紫外線の存在についても忘れないようにしてください。

 

まずはどのような運動が自分にあっているのか?またどのような運動が身長を伸ばす運動であるのか?ということを知って、運動を取り入れてみてください。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha