MENU

睡眠時間、睡眠の質にこだわって成長ホルモンの分泌を促す

身長を伸ばすためには良い生活習慣を身に着けることがとても大事です。よい生活習慣の中に睡眠があります。睡眠をしっかりととると成長ホルモンが分泌されるために。身長が伸びるのです。そこでここでは身長を伸ばすために必要な睡眠について検討してみましょう。

 

どのくらいの睡眠が必要なの?

睡眠の質ももちろん大事ですが、最低でもこのくらいは睡眠時間を確保したいという目標となる時間についてご紹介していきます。まずはしっかりと睡眠時間を確保していきましょう。

  • 幼児期から小学生までは10時間睡眠。
  • 中学生から高校生までは8時間睡眠。
  • 大人は6時間睡眠。

それぞれの年齢に合わせた睡眠時間をとるようにしましょう。

 

一般的にどのくらいの睡眠時間をとっているの?

特に日本の子供たちは世界の中でも寝不足であるといわれています。0歳から小学生までの平均的な睡眠時間は9時間程度といわれています。中学生になると7.5時間、高校生で6.6時間と、睡眠不足が深刻であることがわかります。

 

特に中学生と高校生になると勉学に忙しいために睡眠時間が足りなくなりがちです。しかし昔から“寝る子は育つ”という言葉があるように、最低でも1日7時間以上の深い睡眠を摂取するようにしたいものです。睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、思春期を遅くさせることが出来ます。そのために身長をぐんぐん伸ばすことが出来るのです。

 

成長ホルモン分泌のための睡眠とは?

睡眠時間もしっかりと確保したいものですが、成長ホルモンの分泌が盛んにおこなわれる時間帯は午後10時〜午前2時の間です。この時間にしっかりと睡眠をとることで、成長ホルモンをより多く出すことが出来るのです。

 

成長ホルモン分泌のためにはノンレム睡眠でなければなりません。ノンレム睡眠でなければ分泌は大幅に減ってしまいます。10時から2時までにぐっすりと熟睡することで、成長ホルモンの分泌を促しましょう。

 

ノンレム睡眠とは?

眠ってすぐは深い眠りに落ちます。この睡眠をノンレム睡眠といいます。ノンレム睡眠は大脳に休息を与えて脳をリフレッシュさせてくれます。

 

レム睡眠とは?

ノンレム睡眠ののちに来るのがレム睡眠です。レム睡眠では身体に休息を与えることが出来ます。ノンレム睡眠とレム睡眠は約90分周期で変化していきます。そのために10時から2時の4時間は成長ホルモンの分泌を促すために欠かせない時間といえるのです。

 

身長を伸ばすための睡眠
朝日を浴びる

体の中の時計は25時間刻みで動いています。しかし実際は24時間しかありません。そこでこのずれを解消してくれるのが、朝、太陽の光を30分から1時間ほど浴びることなのです。体内時計をリセットするのに役立ちます。できるだけ外に出て朝日を浴びるならば、体が光を受けとることが出来ます。

 

寝る前には食べない

寝る2から3時間前には食べないようにします。食べ物が胃の中にあると体が休めずに、寝ながらにして働かなければなりません。そのために熟睡ができないのです。それに加えてお腹がすいているときに成長ホルモンが多く出ます。

 

寝る前に目を使わない

テレビ、ゲーム、携帯、読書など、寝る前に目を使っていると、目と脳に強い刺激が起こってしまいます。そのために体が熟睡できなくなります。寝る30分前までには目を休めましょう。

 

深い睡眠になる工夫

良い眠りには良い寝室環境が大事になります。寝具にこだわってみたり、リラックスできる雰囲気にしてみたり、適度な運動をしてみたりとそれぞれ自分の好みに合わせて質の良い眠りを促す工夫をします。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha