MENU

骨を伸ばすたんぱく質は成長にはマスト

現代人が不足しがちといわれている栄養素が何であるかをご存じですか?実はたんぱく質なのです。以外に思われる方も多いと思いますが、好き嫌いなどの理由でたんぱく質を摂取しないという方も増えているのです。でも子供の成長のためには絶対にたんぱく質が必要なのです。そこでたんぱく質と成長の関係について調べていきましょう。

 

たんぱく質とは?

たんぱく質とはアミノ酸の一種で、身体の20%を作っている物質です。たんぱく質が足りなくなると、肌のつやがなくなる、髪の毛がぬける、爪が割れる、筋肉が細くなるなどの症状が出てきます。このことからわかるようにたんぱく質は、体のもととなっている物質なのです。

 

理想とされるたんぱく質の摂取量は、1日につき、体重×1〜2gです。目安は毎食あたり片手のひらに乗るくらいの量です。

 

どうしてたんぱく質が成長のためには必要なの?

成長、または身長を伸ばすためには、まず骨が成長しなければなりません。そんな骨の成長に欠かせないものといえば、どのようなものを思い浮かべますか?カルシウムが大事であることは知られていますね。でも実はカルシウムだけではなく、タンパク質も骨の成長にはとても大事なのです。

 

骨の成長には2つのステップがあります。@骨を伸ばす、A骨を丈夫にするというものです。@骨を伸ばすという役割を担うのがたんぱく質なのです。A骨を丈夫にするのは、カルシウムの役目なのです。

 

骨は、骨の先端である骨端部にある軟骨細胞に、成長ホルモンが作用することで軟骨細胞が増えていきます。これによって骨が伸びていきます。この伸びるパーツである軟骨細胞を作るのがタンパク質なのです。つまりたんぱく質なしでは骨の成長はない=身長は伸びないのです。タンパク質は体を作るうえでとても大事な役割をはたしています。

 

たんぱく質が多く含まれる食品
  • 肉類
食品名 100gあたりのたんぱく質量
牛ヒレ肉 21.3g
豚ヒレ肉 22.8g
豚もも肉 20.5g
鶏胸肉(皮なし) 22.3g

 

牛ヒレ肉は脂身も少なく、成長のために必要な栄養素である亜鉛も豊富に含んでいます。さらにビタミン類やミネラルもたっぷりの理想的な肉です。

  • 魚貝類
食品名 100gあたりのたんぱく質量
サバ 20.8g
サケ 22.3g
タラ 17.6g
マグロ(赤身) 26.5g

 

サバはお手頃価格で食事に取り入れやすい食品です。サバ缶でもOKなので、気軽に摂取しやすいですね。

 

  • 豆類
食品名 100gあたりのたんぱく質量
納豆 16.6g
豆腐 4.9g

 

納豆は良質なたんぱく質を摂取することが出来ます。ダイエットにも、健康にもよく、とてもバランスの取れた食べ物です。毎日1パックを目安に食べていきたいです。

 

  • そのほか
食品名 たんぱく質量
卵1個 6.2g

 

卵は栄養面でとても優れており、完全栄養食品とも言われるほどです。8種類の必須アミノ酸が含まれており、成長のためには欠かせない食品です。たくさん卵を食べるのであれば、白身だけを食べるようにすると、コレステロールを気にしなくてもいいです。

おすすめの成長サプリランキング

senobiru

senobiru

60日間返金保証付き・定期コースなら毎月50%オフ

senobiru


gumi

gumi

選べる!イチゴ・ヨーグルト・グレープ味・定期購入なら送料無料、初回1000円オフ!

gumi


alpha

alpha

骨にアプローチするから、土台からしっかり成長をサポート!

alpha